社長メッセージ

テクノロジーの進化、
メディアの変化、グローバル化。
いろいろとチャンスの時代です。

代表取締役社長 鈴江 秀樹

社長画像

いまは時代の分岐点です。テクノロジーの進化にともなうメディア環境の変化やグローバル化。かつては国内のテレビ番組に歩調をあわせていればよかったのですが、もはやそれだけではいけません。ヒットの概念も変わってきています。従来の100万人単位から1億人以上もの視聴者・ユーザーを意識せねばなりません。大変な時代ではありますが、これはチャンスでもあります。

私たちの事業の大きな柱である音楽とキャラクター、それぞれにおいて、次代や世界を見据えた展開を、いま考えています。音楽においてはデジタル時代に対応し世界で通用するヒット作を出すために動き始めています。また二次使用が期待できる過去の楽曲群も私たちの貴重な財産です。さらなる活用化に取り組まねばなりません。キャラクターにおいては、まずはアンパンマンをはじめとした各キャラクターのアジア・世界進出。加えてオリジナルのIP(コンテンツやキャラクターなどの知的財産)の開発にも取り組んでいます。

自分たちで考え、自分たちで育て、自分たちでヒットを作る。守るべきビジネスと攻めるビジネスの両方をやっていく。新しい時代に向けて、日本テレビ音楽はいま、変革と進化の真っ最中です。

メッセージ画像01
メッセージ画像02

一問一答!

  • Q. 求めている人材は?

    一言でいうと「やさしい人」。普通に生活して小さなことにも感動できる。目配りや気配りができる。そんな人に来てほしいですね。仕事はチームワークなので人間性が何より大事です。スキルは学ぶ姿勢さえあれば、あとからいくらでもついてきます。

  • Q. 会社の雰囲気は?

    やさしい人の多い、思いやりのある職場だと思います。一方で、少数精鋭、プロフェッショナルの集まりで、互いに切磋琢磨する環境でもあります。社長の私としては常に「最前線こそやりやすく」を実現できるよう心がけています。